BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【2020年7月14日】の記事

大潮の満月とサガリバナ2020年7月14日

初夏の風物詩、サガリバナがシーズン真っ盛りです。

夜に咲き、朝には散ってしまう神秘の花。

見ごろを迎えるのは6月末からの一カ月ほど。

今がその真っ最中なのですが、やはり花も生き物も活発になるのは大潮。

みんな月と連動しているんですね。

先日の大潮は満月。ヘッドライトがいらないくらい明るい夜。

3:30amから出発してカヌーで観察しに行きます。

さすが満月!花の数がすごい!こちらの鞘は豪華に大量の満開!

神秘の花

カヌーならではのこの距離感。下に入り込んだりして、間近で写真を撮れるのが魅力。

カヌーで行くサガリバナツアー

夜から朝になっていくこの瞬間が美しい。

夜と朝のツアー

このコースで一番ピンクの濃いサガリバナ。ゴージャスな咲きっぷりですね♡

ピンクのサガリバナ

みんなが写真を撮っている間、カメラも携帯も置いてきちゃったよ~!というお姉さんが残念顔…

でも、誰よりも肉眼でサガリバナを堪能していたのは間違いなくおねぇさん。

写真を撮り始めてしまうと、モニターやファインダーばかり見てしまうものですものね。

どの瞬間も見逃したくないくらい、朝を迎えるサガリバナたちの刻一刻と変わる姿。

香り、ぶら下がって咲くところ、蜂たちたちが集まってきて受粉を手伝っている姿、落ちる瞬間、流れていく花…映える花を撮影

すっかり明るくなって朝を迎えると、音を立ててぼとぼとと花が散ってきます。

上向きで水に浮かぶ姿がまた美しい。

サガリバナが散るところ

帰り道の楽しみは浮いた花の間を漕いでいくこと。

浮かぶサガリバナ

この花の近さ、ゆるやかに流れる時間、

カヌーならではの楽しみ方です♪

カヤックツアー

大潮の満潮に当たったこの日、驚くほど水位は高く、花も蕾も水につかっているところまであります。

それでも枯れずにたくましく生きるサガリバナ。

美しくて強くて甘い香りがして…みんなを魅了する季節限定の花…。なんて魅力的。

サガリバナの蕾

朝日に向かって漕ぐ帰り道もすがすがしい気分。

マングローブたちが日に照らされて水面にも映り、これまた美しい。

早朝ツアー

早起きした人だけが楽しめる、早朝サガリバナツアー。この季節ならではの贅沢♡です。

 

☆Aya☆

Translate »