BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【2021年6月2日】の記事

問題提起!2021年6月2日

梅雨なのに水不足の西表島です。節水しなければ!!

西表島ファンの方は当然知っていると思うのですが、西表島が世界自然遺産に登録されることがほぼ確定したそうです。

登録に尽力した各関係機関の方は、やっと決まった!と喜んでいるようです。

SNSなどを見ても喜ばしいニュースとして随分と取り上げられています。

でも、これは手放しに喜んでもいいことなのでしょうか?せっかくの嬉しいニュースに水を指すようですが、西表島の住民の多くが登録を望んでいないのが現実です。

なぜでしょう??

10日ほど前に西表島で最も人気のピナイサーラの滝へのコースで落書きが発見されました!

樹齢300年と言われる大きなアカギの木に油性マジックで大きく文字が書かれています。

とても立派な木です。木に平気で落書きする人がいるなんて・・・腹が立つし、モラルの低さにびっくりです。

木だけではなく、道中の岩にも落書きが・・・。1箇所だけではありません。

ピナイサーラはこんなに素敵な場所なのに・・・。

可愛い生き物たちも沢山いるのに・・・。

落書きが全てを台無しにする!!

同じような落書きが、他のフィールドやフェリーの中でも発見されています。

世界自然遺産になると、自然が好きで自然遺産になった場所を楽しみにやって来る人が沢山いると思います。でもその人達にまざって、モラルやマナーが無い人もやって来るのではないかと住民達は危惧しています。

世界自然遺産になったから自然が壊れた!なんてことにはなってほしくないですね!

貴重な動植物がいるこの島の自然が壊されませんように。

えりぃ。
Translate »