BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【朝日が見える民宿】にタグ付けされている記事

朝日の見える民宿2021年3月3日

7:15am まぶしくない真っ赤な太陽が昇ってきました。

向かいの山から出てきた途端に眩しくてビカ~ン!と光のビームが飛んでくることがほとんどなのに、最近はこんなに赤くてビームのないコロンとした太陽が

球みたいにコロンと出てきます。

なぜにこんなに赤くて眩しくないのかというと、いつもより太陽と私たちの間に塵や水蒸気が多いせいなのだとか。

波長の短い青や紫の光はこの塵などに反射しやすく、波長の長い赤い光だけが私たちの目まで届いているという状態。

そういえばそろそろ黄砂が飛んでくる季節だものね…。

太陽の登りたてと沈む瞬間が赤いのも、角度が浅いせいで、光が通り抜けなければならない空気の層が厚いから、

長い波長の赤い光だけが私たちの目まで届いているということなんですね。

朝ご飯を食べている途中のお客さんたちも、真っ赤な太陽にびっくりして庭に飛び出してきました。

朝から元気な大学生の皆さんです♪

そして昼間は良い天気。

庭のハンモックに片足かけてこちらを見つめている馬一頭。

な…なんでしょう…

乗りたいのかな…(-_-;)

無理よ、モダマちゃん、体重制限オーバーですよ…

諦めつかないようです…

やめときなさいモダマちゃん…

馬のいる宿

こちらでもじっと見つめてくる馬一頭…

西表島の乗馬

家政婦は見た、的な覗き方が、怖いよ…セイシカ…

 

馬たちものんびり過ごすモンスーンの庭。

皆様ものんびりしに来ませんか~♪

 

☆Aya☆

海と朝日の見える民宿の庭で2020年11月28日

海が荒れて上原航路の欠航が続いていますが、

モンスーンの庭からは朝日が気持ちよく拝めています♪

朝の庭に犬の散歩のお客さん。

二人と1頭が並んで朝日を浴びています。

のんびりした朝のいいシーンです。

昼間はカタカタカタとかわいい音を立ててセマルハコガメの赤ちゃんが歩いていました。

天然記念物なのに、普通に庭を歩いている。

可愛いなぁ…

午後になるとおなかをすかせた馬たちが、大胆にも庭のヤシの葉に噛り付いていました。

あんなに硬い葉を…そんなに食べて、おなか壊さないでよ~(-_-;)

玄関先にはイシガキキキボシカミキリ。石垣島と竹富島と西表島に生息しています。素敵なデザイン。

静かだけど賑やかな西表島モンスーンの庭。

一日中飽きない風景と、生き物たちの時間。

 

☆Aya☆

 

Translate »