BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【海の見える宿】にタグ付けされている記事

西表島の二月の旬の味覚2021年2月20日

最近は晴天が多く、モンスーンの庭からは海の青と空の青が毎日まぶしい。

いろんな色の青が、みんさー織の柄のように縞になっていて、いつまで見ていても飽きない景色です。

馬たちものんびり草を食んで気持ちよさそうです。

玄関前のマリーゴールドが元気に咲いています。

お、花の上にお洒落な蜘蛛が。銀色の頭と思って見ていましたが、どうやら銀色のほうがお尻で半透明のほうが頭。

小さいけどなんか優雅な感じの蜘蛛。モンスーンでどうぞごゆっくり。

海が穏やかな日はオーナーが魚釣りへ。

この日は沖縄の三大高級魚のうちの一つ、アカジンミーバイが釣れました。

手前に見えているのは庭の畑で採れた小松菜。雑草と競争して青々おいしく育ちました♪

魚をさばいていると即座によって来る看板猫の宇佐次。

熱い眼差しですね~。

「ほしいかほしいか~?」と魚の大きな尾を振り振りするオーナー。

「ちょうだいちょうだい」と、お願いポーズの宇佐次。

このふたりのやり取りはいつも面白い。

そして2月はアーサー(あおさ)の季節。

岩場にくっついている緑が美しい。

砂がつかないように丁寧に収穫。

1時間ほどでこのくらい採れましたよ~。ぎゅっと絞っておにぎりくらいの大きさ。

味噌汁にもマース煮にも。何に入れても上品な磯の香りが美味。

庭のトマトも大きくなって、そろそろ赤くなり始めます。

西表島の野菜

海の恵みと畑の恵み。西表島の旬が沢山。

コロナでお客様は少ないけど、おいしいものがたくさん収穫できている、穏やかな二月です。

 

☆Aya☆

海と朝日の見える民宿の庭で2020年11月28日

海が荒れて上原航路の欠航が続いていますが、

モンスーンの庭からは朝日が気持ちよく拝めています♪

朝の庭に犬の散歩のお客さん。

二人と1頭が並んで朝日を浴びています。

のんびりした朝のいいシーンです。

昼間はカタカタカタとかわいい音を立ててセマルハコガメの赤ちゃんが歩いていました。

天然記念物なのに、普通に庭を歩いている。

可愛いなぁ…

午後になるとおなかをすかせた馬たちが、大胆にも庭のヤシの葉に噛り付いていました。

あんなに硬い葉を…そんなに食べて、おなか壊さないでよ~(-_-;)

玄関先にはイシガキキキボシカミキリ。石垣島と竹富島と西表島に生息しています。素敵なデザイン。

静かだけど賑やかな西表島モンスーンの庭。

一日中飽きない風景と、生き物たちの時間。

 

☆Aya☆

 

玄関前は花盛り2020年10月23日

海の見える民宿モンスーンの、玄関前が只今花盛り♪

アデニウムとハイビスカスと風鈴仏桑花。端っこに千日紅も。

猫の宇佐次もお花見に出てきました。

尻尾と足、長っ!

こちらが風鈴仏桑花。ほんとに風鈴のように下に垂れ下がって風に揺れます。

ハイビスカスの一種なので花は一日でしおれてしまいますが、最近は一日にひと花づつ咲いてくれます。

こちらはアデニウム。別名「砂漠のバラ」。

大きく伸びた枝から次々に開花しています♪

砂漠のバラ

秋風を感じる季節になったというのに、西表島はまだまだ蝉の季節が続きます。

庭ではイワサキゼミがせわしく鳴いています。

ゴーヤ畑ではちびカマキリに遭遇。ヒップの上げ具合にやる気を感じますね(*_*)

庭に戻ると乗馬特訓中の猫が馬の背によじ登っている最中でした。

馬のセイシカ嬢、じっとしてくれています。

乗馬猫

台所に帰ると、乗馬を終えた猫が物欲しそうな目でこちらを見つめてくる…

魚をさばき始めるとなおのこと目を潤ませてeyeビームを送ってくる…

そんなビー玉みたいな目で見つめられたら、魚の切れ端をそっと落としてあげたくなるじゃないか…

 

花と虫と猫と馬に癒される、海の見える宿、モンスーンの日常の一コマでした~。

 

☆Aya☆

Translate »