BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【西表島 山のツアー】カテゴリーの記事

春のピナイサーラの滝ツアー2021年4月2日

春休み、お子様連れのご家族様も多くご来島。

数日賑やかでしたが、今日はのんびり一人旅のイトウさんとピナイサーラの滝へ♪

見てくださいこの景色♪お天気♪

マングローブの種を拾って楽しむイトウさんの前方に見えるのがピナイサーラの滝!

ピナイサーラの滝ツアー

カヌー後のトレッキング中も木漏れ日に包まれちゃってるイトウさん。神秘的♡

たどり着いたよ~!これが、沖縄県一の高低差を誇る名瀑、ピナイサーラの滝!

春休みの喧騒がちょっと落ち着いたタイミングで訪れたピナイサーラの滝壺は、気が付けば貸し切り状態。

なんて贅沢な時間。

帰りの川ではマングローブのトンネルをゆっくり潜り抜けたりして♪

気が付けば川面貸し切り状態。

イトウさん、実は山で出会いたかったのがこの「木登りトカゲ」↓。

会いたいって話してたら本当に目の前に現れてくれて、イトウさんの肩にちょこんと乗ってくれた!

綺麗な柄ですね。そして、イトウさんが気に入ったのか、なかなか背中から離れない。

ひょっこりこちらを覗いてくるポーズがSooooooo Cute!

道すがらアマビコヤスデにも出会いました。

この艶ッとしたボディと、よくこんがらがらずに進めるねってくらい多い足の数!

鮮やかな黄色がジャングルに映えます。

あんまり脅かすとお尻から臭いにおいを放ちますので、観察するときにはそっと優しく。

大きな板根を持つサキシマスオウノ木も陽の光に包まれて神々しい。

イトウさんはこの日のもう半日はシュノーケルの半日コースもこなして、盛りだくさんなアクティビティ三昧♪

素敵に日焼けもして、身体動かしまくりましたね♪

明日はビーチでのんびりだそうです。西表島を楽しんでますね~♡

皆さんも是非、陽ざし柔らかな春の西表島にいらっしゃいませんか~。

 

☆Aya☆

 

雨のピナイサーラの滝半日ツアー2021年3月27日

今日はピナイサーラの滝と由布島のセットコースに行ってきました。

昨日の夜の雨で滝が大きくなっています♪ こちらはカヌーから滝が見え始めたところ。

向こうに見えるピナイサーラの滝まで行きますよ~。

カヌーの後はトレッキング。たどり着いたピナイサーラの滝のサイズも立派ですね~。

滝つぼにいる間にスコールがやってきてびしょぬれ‼

でも木の肌や葉がつやつやして雨のジャングルも素敵です。

帰りのカヌーは女子チームと男子チームで大競争!

引き波を立ててすごい勢いで戦っています!

ボーイズチームのパワー勝ち!レディースチームもなかなかの奮闘でした!

あ、またスコールがやってきた。

ピナイサーラの滝ツアー

びしょぬれの滝ツアーの後は、水牛車に乗って由布島散策コースでのんびり。

午後も降ったりやんだりのお天気で、夕方にはモンスーンの庭から立派な虹が見えました。

虹が見える宿

雨の日のツアーやスコールも楽しいですね。

☆Aya☆

天気がぁ〜2021年3月21日

今日は天気がコロッと変わりました。

昨日まではもう夏かな?なんて天気だったのに〜

これは、昨日まで。

マングローブの中は幻想的な風景が。

滝の上では鳩がのんびり昼寝。台湾から来たのかな?珍しくレース鳩がいます。 昨日までは色鮮やかだったのに、今日は・・・

なんだか白い!!

そして今日は雨が降って寒い〜 なんだか冬が戻って来たようですね。コタツが欲しいです。

でも、この雨のおかげで滝が大きくなりそうですねー。

えりぃ。

聖紫花とセイシカ🐎2021年3月9日

今日の朝日は上等だぁー。良い事ありそうな1日のスタートです。

最近では、カヤックでピナイサーラの滝を目指して行くと、川辺りにある聖紫花が見頃になっています。

日本では石垣島と西表島にしかない花で、幻の花なんて呼ばれています。

自生のものは山間部の急斜面や渓流沿いに生えていることが多く、なかなか見られない花なので幻と呼ばれているのだとか・・・。

カヤックで行くと簡単に見られるのが嬉しいですね。

モンスーンのお嬢はこの花から名前をもらいました。一年中見られるセイシカです。

今日はカヤック日和でした。

えりぃ。

最高かよ。2021年2月24日

数日前ですが、2月とは思えないほど穏やかな天気の中でツアーが出来ました。

カヌーは風もなくのんびり。

滝の上からの景色も穏やかで青い。

滝壺ではわずかにかかる水しぶきが心地よい♪

何時間でも居られそうな癒やし空間でした☆

えりぃ。

沢山カヤックを漕ぎたい方にナーラの滝ツアー2021年2月2日

本日は久しぶりにナーラの滝ツアーです♪

西表島の北西、白浜港から漕ぎ出し、仲良川を上っていきます。

漕ぎ進むこと片道2時間。

海から始まり、川幅の広い河口から徐々に川岸が近く迫ってきます。

曇天が、漕ぎ続けてあったまってくる体には心地の良い感じ。

途中少し小雨に出会ったのもちょうどよいクールダウン。

雨が止むと穏やかな水面が待っていました。

カヤックを降りて沢沿いをトレッキング。

鬱蒼としたジャングルと苔むした岩の間を行く。

見えてきたのは大きなナーラの滝。

ついにたどり着いた~‼‼‼

大迫力の水量。小雨も気にせず滝を観ながらお昼を食べて、帰り道もまたジャングルを楽しみます。

わぁ、ここの天然プール、夏なら泳いで遊びたいところです♪

道すがら、にょきにょき伸びるキノコや、

赤い新芽、

冬の花、サツマイナモリにも出会ったり。

ジャングルを楽しんで歩いた後、帰り道は向かい風と戦いながら漕いで、無事白浜港にゴールするころには達成感でいっぱい。

帰ってからお客様がしみじみ、「高い山もないのにどうしてこんなに絶え間なく大量の水が流れ続けられるのか?」と首をかしげる。

高い山はないが海岸線からすぐにジャングルが広がり勾配の激しい地形が続く西表島。

上空には雲がかかりやすく、雨の多い亜熱帯。

90%以上を原生林に覆われた島は、恵みの雨を蓄える力が強い。

大小40以上の川が流れ、名瀑を幾つも持つ水の島。

西表島ナーラの滝

豊かで厳しい自然に覆われた、水の島、

近寄りがたい怖さを感じたり、多くの生き物の命を抱える懐の広さを感じたり、

そんな、西表島です。

 

☆Aya☆

ツアー日和2021年1月14日

今日は暖かく、ここ最近では落ち着いた天気。

最高のツアー日和でした。

青空の下で久しぶりにカヌーを漕ぎました!気持ちいいねぇ〜

光が幻想的に射し込む洞窟。綺麗〜!お客様達も大感動!!自然って素晴らしい〜

鍾乳石から滴る水滴。これも自然の芸術だね!!

そして、洞窟で生き物発見!!!ゴキブリの様な真っ白な虫です!!

新種じゃないか?なんて大騒ぎ!

帰って調べてみると・・・脱皮したてのゴキブリは白いことが分かりました😥

新種でも珍しくもないゴキブリでした!笑

今日も楽しくツアーが出来ました!

えりぃ。

新年の滝2021年1月4日

今年最初のピナイサーラの滝は昨夜の雨で大きく育った大爆水!

台風後のような大迫力で、泳いでもいないのに水しぶきでびしょ濡れです!

爆音と風圧と大量の水しぶきを浴びつつ、「今年もよろしくお願いしま~す!」と、滝に叫んでご挨拶。

ピナイサーラの滝

今年もよい年になりますように。

 

☆Aya☆

2020年ラストツアー2020年12月30日

年末は大荒れの天気の西表島です。

本日は今年最後のツアーでした!!

が、天気が台風並みに悪い!そして寒い!

ピナイサーラの滝1日コースの予約が入っているけど、開催出来る?出来ない?

判断が難しく、お客さんと相談の結果ピナイサーラの滝半日コースに変更。

元気な2人組と今年ラストピナイサーラの滝へGO!!

人生初めてのカヤックは向かい風!!頑張れー!

滝が見えてきました!

あれっ!?これはピナイサーラの滝1日コースに行けるぞ!!

またまたコース変更!当初の予定通り、滝の上と滝壺の両方に行っちゃいましょ〜

まずは滝の上!!凄い!

強風で滝が舞い上がり、滝の側だけ豪雨のようです。もうびしょびしょ。

でも、元気な2人はずーっと濡れて遊んでます!私は寒くてちょっとフェードアウト!ごめんね。

次は滝壺へ〜!!

わぁ〜お!

風で滝が大きく広がりとっても幻想的です☆

最高の滝が見られてよかったね!!

今年最後のツアー終了!!ありがとうございました!! モンスーンに戻って宇佐次と戯れる2人!

なんと、宇佐次を撫でている彼は約20年ぶりに猫を触ったらしい!ビックリだね。

これはぜひ抱っこしてもらいましょう♪

な、な、なんと!!これが人生初の猫抱っこ!!

そんな大役を宇佐次に与えてくれて本当にありがとうございます〜(ΦωΦ)

お2人が帰った後は、ストーブの前から動きません!!人(猫)生発の冬だもんね!

今年のツアーは皆様のおかげで無事に終了いたしました!

また来年のツアーでお待ちしております。

では、良いお年を!!

えりぃ。

ユツンの滝に行きたかったのに・・・2020年11月29日

ユツン3段の滝を目指してトレッキングを開始したのに・・・

前日の雨で川が増水。

これでは行けませんね・・・そんな訳で目的地を変更!!

ユツンの支流にある滝、マヤロックへ急きょGo!

こちらも大増水!

滝壺までは行けませんでしたが、冒険感があり、みんな寒さも忘れて楽しんでくれました。

道路に出てみると、行くはずだったユツンの滝がハッキリ見えていました。

遠くからでも迫力を感じます!

これに懲りず、ユツンの滝に再挑戦しに来てくださいね〜♪

えりぃ。
Translate »