BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【西表島 山のツアー】カテゴリーの記事

連休の子供たち2020年2月23日

連休真ん中の今日はご家族連れのお客様も多く、ちびっ子たちの声が賑やかです。 まずはピナイサーラの滝の半日コースへ。 西表島カヌー 元気に一人乗りのカヤックを操るのは年長さんの双子君たち。力強い漕ぎでびっくりしました。 カヌーツアー トレッキングもすいすい。競うように登っていきます。 たどり着いた滝つぼでお昼ご飯。 ちゃっかりお姉さんたちの間に立って無言でポーズを決めるミチヨシ君…し…写真撮ってってことだな…笑 ハイチーズ! ちょっと大きな岩によじ登って滝の近くまで。これも力強く登ったね~。運動神経抜群。 今日は風が強くて滝の形が不思議でした。 ピナイサーラの滝 午後からは洞窟探検へ。 洞窟探検 ヘルメットとヘッドライトでこんな険しいところも歩きます。 探検家気分が盛り上がりましたね♪ ジャングル探検 洞窟の出口で神秘的な日差しのビームが見られてラッキー☆ 洞窟の出口 洞窟探検も無事に終えて宿に帰ると、別のお友達とも出会ってお夕飯を一緒に食べました。 ゆびはぶ 彼はユビハブというおもちゃを指にはめまくって…ちょっと妖怪っぽくなってましたね。笑 とんがりコーンを食べるときみたい。懐かしい♪ 朝から晩まで元気に遊びまくった子供たち。 西表島を楽しんでくれたようです♪

フィーリングがぴったり。西表のジャングルにて。2020年2月14日

いつもご贔屓にしていただいている穴山さんが野球仲間のタカさんを連れてご来島くださいました。
初来島のタカさんには、まずは定番のピナイサーラの滝がおすすめ♪ということで、
早速カヤックを漕いで出発です。

マングローブ林で、巨大なシレナシジミを見つけて貝殻をパス!
投げ渡す様が、さすが野球女子たち…男らしい♡
カヌーを降りたら約50分のトレッキングで滝の上に到着!
歩きはじめでは雨もぱらついていたというのに、滝上到着すると同時にこの日差し!
見る見るうちに眼下の海も青くなっていく。なんというタイミングの良さ。お二人、強運の持ち主ですね♪
そしていい顔で笑って下さる!

この滝上の絶壁感、写真では伝わりにくいかな…
すぐ左には落差55mのピナイサーラの滝の落ち口が。
はるか下にさっきまで漕いでいたヒナイ川の下流。
這いつくばって滝つぼを見下ろします。

滝上から、下って登ってのトレッキングの後到着の滝つぼも、すいていてのんびりできました。
さっきまであの滝の上にいたのね…

滝の正面には巨木が絞殺しの木に絞め始められているのを見られます。
タカさん無言で見上げます。圧巻の生命力。

滝から降りてくると沢の脇の苔が美しい。
そしてこのお二人はホントにいい顔で笑って下さる♪うれしくなっちゃう。

帰り道で干潟に寄り道。
カニを捕まえにダッシュ!野球女子たちの本気ダッシュには迫力がある。
カニってこんな目線で見ているのかしら…ちょっと怖いかも…笑

そして午後の西日の中カヤックを漕いでのんびり帰る。
誰もいない静かな川をポカポカの日差しの中浮かんでいる…これ、眠れますね。
西表島のカヌーツアー
気持ちの良い一日ツアーを気持ちの良い人たちと過ごせた幸運。
会ってすぐに気が合ってしまうということがちょくちょくありますが、私にとってこのお二人もまさにそれ。
普段の生活だけでは出会わなかったかもしれない人と、会った瞬間フィーリングがバチッと合っちゃう、なんてことがあり得るのも旅の醍醐味。
旅人を受け入れる側にもこんな楽しみがあるので嬉しいですね。
皆様にもバチバチっという出会いがたくさん訪れますように。
  ☆Aya☆

ヤエヤマスミレと滝つぼおにぎり2020年2月10日

今日のお客様は二人旅のお姉さんと、イトウファミリー様。 まずはカヤックを漕いで、 こんな道をトレッキング。今日の最年少、とってもしっかりした小学生の僕はカヤックも足取りもたくましくて素敵です。 そして着くのがこのピナイサーラの滝! 沖縄県一の落差55mを誇ります。 最近ぎっくり腰を発症してちょっと心配だったお父様も元気元気で岩にも登っちゃいました。 滝つぼではランチタイム。 モンスーン巨大特製おにぎりをほお張る。 皆様よい顔ありがとうございます♪ 程よい運動と滝のマイナスイオンも味付けに加わって、最高のお昼ごはんだ! みんなニコニコでおにぎりをほおばっている傍らに、 そっと咲いてるヤエヤマスミレ。 少しずつ冬の花から春の花へ。 ヤエヤマスミレ ゆっくりゆっくり春の足音。 ☆Aya☆

ハナサキガエルの卵2020年2月3日

冬のジャングル、西表島のポットホールの中では、 こんなに美しいカエルの卵を見つけることがあります。西表島のポットホールの中 ハナサキガエルの卵たち。 真珠のように白くて、透明な部分に陽が当たってキラキラ。 ポットホールが干上がってしまう前に無事にみんな孵りますように。 ハナサキガエルの卵 傍らにはサツマイナモリの群生が。 小さな花に鼻を近づけるとバニラのように甘い香り。 サツマイナモリ こちらは木から花ごと散り落ちてくるオオバエゴノキ。小さな花なのに百合のように強い香りを持ちます。 オオバエゴノキ 静かな冬のジャングルの中でひっそりと。 みつけるとうれしいホワイトビューティー達。   ☆Aya☆  

1月の西表島ツアー2020年1月31日

あっという間に一月も終わりでございます。
今年は暖冬というニュースもありましたが、西表島も例年より暖かい日が多いです。
こんなに穏やかなカヤックツアー。この青空、ほんとに冬かしら…
西表島のカヌーツアー
気持ち良すぎてカヤック中にウトウトお昼寝したくなっちゃうくらい。
マングローブ林を漕ぐ
ピナイサーラの滝の上からも青い海青い空が見渡せて気持ちいい!

そしてこの下は絶壁!今カヌーで漕いできた川が下のほう~に小さく見えてます。
あんなところから歩いてきたのね~。
ピナイサーラの滝
満潮時にマングローブの林に入って休憩。

無風のマーレー川に浮かんでいると、聞こえてくるのは鳥の声だけ。
贅沢~

カヤックとトレッキングで目指す沖縄県で一番高低差のあるピナイサーラの滝。
冬でも楽しめる西表島のツアーです♪
ピナイサーラの滝壺
☆Aya☆

リュウキュウツワブキとトラガモドキ2020年1月29日

冬のジャングル、沢沿いに多く見られる黄色い花、リュウキュウツワブキ。 こちらはゲータの滝にて。 リュウキュウツワブキと滝 西表島のジャングルの中ではとっても目立つ明るい黄色。 少し日差しが届かない寒い季節のジャングルを明るくしてくれる元気な色が目立ちます。 西表島の黄色い花 こちらでは一眼レフを構えたお客様が何やらじっと狙っています。ジャングルで一眼レフカメラ 撮っていたのはこの【トラガモドキ】。 初めて出会いました。準絶滅危惧種。あまり知られておらず、虫マニアのお客様も調べに調べてやっと出てきた名前。濃厚な黒にオレンジとクリーム色の配色がシック。トラガモドキ ゆっくりめぐるオフシーズンのジャングルだからこそのうれしい出会いでした♪   ☆Aya☆

社員旅行と一人旅 in 西表島2020年1月28日

今日のお客様は社員旅行の元気女子6名様と、一人旅でいらっしゃった日野様。

みんなでピナイサーラの滝の半日コースに行ってまいりました。
日野様は70代でいらっしゃるそうですが、
石垣マラソンに出場した後、 西表島の大原港から上原まで約35㎞を自転車に乗っていらっしゃったという体力の持ち主!
パワフルマンのエピソードに元気女子たちも「すご~い!」の連発で感心しきり。

そして日野さん、女子たちに囲まれても違和感なしの素敵な笑顔!
「いや~、日野さんいい日ですね~♪」というと、「いや~、いい日だね~♡」と、なんともいい顔です♪

滝でトリック写真を撮るのも楽しい。「呑み込んじゃうぞ!」
ピナイサーラの滝
旅の出会いが楽しい一日でした。
ピナイサーラの滝のコースは一年中楽しめるコースですよ~♪
元気女子たちは午後にさらにバラス島シュノーケルに出かけました。
元気元気♪また遊びにいらしてくださいませ~♡
  ☆Aya☆  

リュウキュウツチトリモチ2020年1月14日

先月のこと。 お休みの日にスタッフえりとお友達の姐さんと一緒に軽いトレッキングに出かけました。 目的はこの植物↓ スタッフえりの足元にたくさん出ているピンク色の…トレッキング これ、リュウキュウツチトリモチという植物なんです。 こちらは土の中から顔を出し始めたところ↓ リュウキュウトリモチの赤ちゃん こちらがしっかり地上に姿を現したところ↓ なんともエレガントでしょ♪ こんな形なのでよくキノコと間違われますが、これ、海岸近くの常緑広葉樹に寄生をする多年草なんです。 日本では沖縄県にしか分布しないので内地では見られません。 ネックレスのように白いぽつぽつのデザインになっているのが雄花の部分。 リュウキュウトリモチ 沖縄本島のものは白っぽいものが多いとのことですが、ここ八重山諸島に自生するものはこんな感じでピンク色。 森の宝石 あっちこっちに顔を出している!こんなに群生で見たのは初めてなので興奮でした。 雨が降ったり盛りが過ぎるとすぐに茶色っぽくなってしまうので、この綺麗な色がみられるのは一瞬。 貴重なリュウキュウツチトリモチを大量にみられてラッキー♪ 双子 同じ森の中には立派な板根を持った木がそびえ立っていたり、 板根の森 道すがら大きなオカヤドカリにも出会って… オカヤドカリ お休みの日も海でジャングルで発見と出会いがいっぱいです♪ ☆Aya☆

カヌートレッキング&シュノーケル、セットコース2020年1月13日

本日のお客様はこちらのミチコさんマスヒロさん御夫婦♪ まずは西表島のジャングルにご案内です。 目を見張る植物満載。こちらは、おおきな板状の根を持ったサキシマスオウノ木。 西表島の木の根 道すがらヤエヤマオオコウモリがギランイヌビワのきにぶら下がっているのを発見! 器用にぶら下がっていますね~。モフモフでかわいい。 八重山オオコウモリ 30分ほどのトレッキングの後たどり着くのがこのピナイサーラの滝! ピナイサーラの滝 崖といい55mもある滝といい、圧巻の大自然♪ピナイサーラの滝つぼ 滝をバックにおっきいおにぎりでランチタイムです♪ ジャングルランチ 下りのトレッキング中には雨もぱらついたのですが、帰りのカヌーではこんなに穏やかな川と青空に出会えました。 カヌーツアー マングローブ林にも入り込める満潮のタイミング。西表島のマングローブ にこやかに漕いでいる優雅なカヌー風景…に見えますが、実はマスヒロさん既に先ほど転覆済み! 祝、今年の転覆一号様でございます! こりゃ新春から縁起がいいかもっ笑 マングローブカヤック 上原航路が欠航しているので海状の荒れ具合も心配でしたが、午後からはバラス島周辺でのシュノーケルも無事開催できました。 今日のバラス等はこんな感じ。 バラス等 海なし県群馬からお越しのおふたりにはぜひ西表島の海を覗いていただきたかったので開催できて良かった~! ウミガメも元気な珊瑚も見ていただけたのですが、今日の変わり種はこの立派なウミヘビさん。 穴の中に獲物を見つけたところかな… ウミヘビ ジャングルとサンゴの海の西表島。また暖かい季節にも、海に山に飛込みにいらしてくださいませ♡ 魚たちと植物たちと一緒に、お待ちしていま~す♪ ☆Aya☆    

友達と行くユツンの滝2020年1月7日

今日のお客様はこのお二人♪浜ちゃん原ちゃん。沢歩き トレッキングでジャングルの奥の滝を目指す「ユツンの滝」へ! 沢を幾つも渡ります。 こんなジャングルの中、時にはロープも使って上るよ上るよ!オオタニワタリの森 長年かけて沢が岩を掘っていった深み。いつ来てもきれいな色で水を湛えています。 周りには苔だらけの岩が絵になる、人が足をふみ入れないエリア。 深い水の色 ちょうど座りやすい一枚岩でちょっと休憩。 開けていて日の当たる一枚岩の上もまたジャングルの木陰とは違う雰囲気。 ジャングルのティータイム 歩いて歩いてやっとたどり着いたのがこの、ユツン三段の滝! この岩、この流れ方、自然の芸術美に圧倒されちゃう! ユツンの滝 三段の滝の上までもうひと登りすると、下からは見えなかった4番目の滝がひっそりとあるんです♪ 四番目の滝 今日はここでお昼ご飯。 あら原ちゃん、流れにペタッと座っちゃったよ!寒くないの!?って聞いたら、「気持ちいい!」って♪滝の流れ 実はこのエリア、「ヒル」がたくさんいるコースなんです。 大概の人が、「ぎゃ~!」とか、「気持ち悪い~!」と、毛嫌いするヒル。お二人は平気みたい。 おもしろい動きだね~、なんて、じっくり観察♪ ほんと面白い動きなのよね~。  ヒルのいる山 帰り道はちょっとゆっくりできる水場でお茶休憩。 コーヒーでも飲みましょうか♪ 西表島のコーヒー 原ちゃんはこの水場でも平気で水につかっちゃう。い…一月だよ…笑 ユゴイという淡水魚を捕まえようと水中を凝視しているところ。 原ちゃん、素手で捕まえるのはちょっと無理なんじゃ…!?笑   休憩したりガシガシ上ったり、生き物に出会ったり、西表島のジャングルをじっくり楽しめるユツンの滝ツアー。 お友達と一緒に、いかがですか♪   浜ちゃん原ちゃんご来島ありがとうございました。 またお会いしましょ♡   ☆Aya☆
Translate »