BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【季節の動植物シリーズ】カテゴリーの記事

埋もれる我が家2020年8月2日

台風4号(ハグピート)が近づいて来ている西表島です。

台風が来ていない時の西表島は、太陽がサンサンと降り注ぎ、スコールで雨がしっかり降ります。植物にとっては最適な条件なようで、どんどん成長していきます。

沖縄ではメジャーなハイビスカス🌺綺麗で可愛い花ですが、地植えだとどんどん大きくなります。

大きく成長したハイビスカス!上の方に見えているのは私の部屋の屋根です。もうすぐハイビスカスに飲まれそう。日除けになるけど、繁った葉っぱで風が通らないの涼しくない。

花が沢山咲いているから勿体なくて切れません。でもこのままでは雨戸が閉められないので台風対策が出来ない···。悩ましいですね。

結局、切る間もなく台風対策に追われムリヤリ雨戸を閉めてることに。台風後にハイビスカスはどうなってるかなぁ。 ちなみに本日8月2日ハブの日ですよ〜。

えりぃ。

今日はなんの日?2020年8月1日

今日から8月!!そして、ついに台風発生!こっちに来るかな??

さて本日、8月1日はなんの日でしょー?

正解はパインの日です。語呂合わせで【8(ぱ)1(い)ん】だそうです。 ちなみに他の団体が8月17日をパイナップルの日と制定しているそうですよ。

西表島でも沢山のパインが収穫されてます。

今日、モンスーンのオーナーがパインを2つ買ったら、3つおまけでくれたと嬉しそうに話してくれました!おまけのほうが多い・・・。パインの日だからかな? 私のパインも順調(?)に育っています。

毎年、鉢植えで育てようと試みるのですが、気がつけば地植えされ、イノシシに食われて消えてしまいます。今回こそは立派に育つんだよー。

えりぃ。

景色!2020年7月27日

最近の西表島は雨が降ったり止んだり。

晴れている時の景色は最高に綺麗です!

風もなく穏やかな日はこんな感じ。水面にすべてが反射。

満潮時にだけ入れる特別な場所。マングローブ林の中。

トレッキングではいろんな生き物に出会えます。この子はサキシマハブ。夜行性なので、昼間はじーっとしています。

頑張って歩いた先にはご褒美のこの景色。

同じ場所でも毎日違って見える場所。心を落ち着かせたいときはぜひ自然の中へ♪

えりぃ。

マンゴーとイリオモテモリバッタとイリオモテアザミ2020年5月28日

全国に先駆けて梅雨に入りする八重山諸島。
先日は記録史上最多の瞬間降雨量を瞬間観測したとのニュースも。
その雨でオーナーの趣味のマンゴー畑に異変が!

アーウィン

雨風からマンゴーを守る手作りビニールハウスが崩壊( ゚Д゚)

西表島マンゴー

幸い、木に影響なく倒れていたのでハウスを立て直して気を立て直して…。
ハウスの外に自然のままにしている木もありますが、こちらも元気にもりもり実をつけています。
素人栽培なので手探りで、最終的な収穫は毎年数個なのですが、今年は実の数が多いみたい♪
それでも毎日数個ずつ熟す前の実が落ちています。でもこの未熟な青いマンゴーもおいしくて、サラダやおかずとして活用しています♪

趣味のマンゴー

マンゴーのお世話をしていたら、背後でボトッという音が!
振り返ると今まで見たこともない巨大なイリオモテモリバッタが!!!
デカいっ!
この派手なフォルムのバッタは西表島の固有種です。

イリオモテモリバッタ

そして、毎日の日課は馬の餌採り。
そこら中に自生しているネピアグラスという草を、二頭で一日軽トラ一杯食べてしまいます。
雨の日も休まず草刈り草刈り。

ネピアグラス

草を刈っている道端に鮮やかなイリオモテアザミが咲いていました。
チクチクの葉っぱが迫力あり。

イリオモテアザミ

雨が降って生き物や植物がますます元気!
梅雨時も生き生きしている西表島です。
  ☆Aya☆  

西表島のあさり、アラスジケマンガイ2020年5月25日

西表島でもアサリが取れるんです。
今日はガイド友達に誘ってもらって潮干狩り。
アサリというのに、イメージしていたのと違う貝がゴロリと出てきました。
この子の名前はアラスジケマンガイ。ずいぶん殻が厚いのだけど、これでもアサリの一種!

引き潮でガリガリ掘ったら出てくる出てくる♪

一晩砂抜きをして、酒蒸しでいただきました♪
殻は分厚いけど中身は普通のアサリとあまり変わらないボリューム。

この日はオーナーが釣ってきたキツネフエダイも食卓に。

キツネフエダイ

毎日島の恵みをいただいて幸せ♪
☆Aya☆

月桃の花2020年5月20日

月桃の花の季節になりました。
写真の通り桃のような色彩の蕾が名前の由来。
月に桃なんて、センスの良い名前ですね~。お隣の国台湾で命名されたようです。

花も食べられるのですが、主に多く使われるのは葉の部分。
抗菌作用があることから、刺身の下に敷いたり、餅を包んで蒸したムーチーという沖縄の伝統菓子も有名です。
葉や種を乾燥させて月桃茶にしたり、枕に入れて安眠効果、タンスに入れて防虫効果、と、用途は多様。
ショウガ科の植物で、葉や種は独特の爽やかな香りがあります。
下の写真は開花前の様子。花の蕾たちが薄葉に包まれて垂れ下がっています。

畑ではナスの花が咲き始めました。
内地では夏野菜の代表格ですが、ここでは春に植えた苗があっという間に実をつけるのは梅雨のころ。

コンポストエリアから生えてきたゴーヤもスクスクのびのび。

西表島ゴーヤ

緑に囲まれて、コロナ自粛中も敷地内で植物に癒されている毎日です。

 

☆Aya☆

満開🌸2019年11月25日

冬の西表。

なんだかパッとしない天気が多いのですが、そんな中でもパッと満開を迎えている花たちがいます( *´艸`)

こちらはサキシマフヨウ。

いつ見てもきれいですね~。花言葉は「しとやかな恋人」「繊細美」なんて、見た目にとってもあっています(*^^*)

たくさん咲いているとウキウキしちゃいますね~

ジャングルじゃなくても港の近くにほぼ満開を迎えている花がいますね!

一見桜と見間違えそうですが、「トックリキワタ」という木。沖縄では「南米ざくら」なんて呼ぶこともあるです🌸

きれいな花を咲かせる木ですが、幹はとってもトゲトゲ(+o+)

若い木にはたくさんトゲが見られますが、老いてくるとトゲはとれてしまうんです。

「若いころは俺もとんがってたなぁ~」なんて思った方いましたか?なんだか親近感がわいてしまう木ですね笑

 

西表は冬の方が花が良く咲いています♪

のんびり、島に咲く花を観察するのはいかがでしょうか?

 

くろまめ

チャイロマルバネクワガタ2019年11月19日

西表島もあっという間に冬に近づいて来ました。

今日ご紹介するのは

チャイロマルバネクワガタ」です。

最近この子の姿ももうあまり見ませんね〜

9月〜11月ごろまで見ることができます。

トレッキング道にちょこんといたので

踏まれないように移動してあげました(*´-`)

この子たちは、木の上でなく倒木や石の上など足元にあることが多いので

踏まないように気をつけて!

実はチャイロマルバネクワガタは西表、石垣の特産種。ここでしか会えないので珍しいクワガタなんです!

どんな生体かなぞに包まれていましたが、

他のマルバネクワガタの幼虫は腐った樹木を食べるのに比べて、この種は土壌を食べることが最近判明したそうですよ(^^)

きっとこれからドンドン謎が解明されていくんだろうなぁ・・・

石垣島では環境保全条例で採取等禁止されているようで、この子を目当てに西表島に来る人も多いです。

珍しい生き物には会ってみたいですよね!

でも生き物観察する時はマナーを守って観察しましょうねd(^_^o)

 

くろまめ

       

どういう状況??2019年9月28日

西表島では3月から12月まで様々な種類のセミが鳴き続けています。

セミの抜け殻をよく見かけるのですが・・・ これってどういう状況??抜け殻の上?下?に抜け殻!!

抜け殻の上で脱皮しちゃったのかな?

ジャングルを歩けば毎日新しい発見がありますよ!一緒に探しに行きましょ~♪

えりぃ。

葉っぱのハンモック🍃2019年9月25日

風で揺れる大きなクワズイモの葉の上で大きなカエルがお昼寝中Zzzz。ヤエヤマアオガエルですね。

カエルの側では大きなクモ、オオジョロウグモがウロウロ。どうやら巣が壊れてしまった模様。

※私が壊したんじゃないよ。

大きなクモがウロチョロしてても大きなカエルは気にしない。

しばらくすると・・・

カエルの上にクモが巣を張っちゃった!?大丈夫か!カエル!!よく見るとさっきより目が開いてる。笑

夜に見に行ってみると、クモはいなくなりカエルはちょっと移動。隣の葉っぱには破壊されたクモの巣が・・・。

きっとカエルが飛び出たんだろうね。そして相変わらず葉っぱのハンモックの上でスヤスヤ。気持ち良さそう。

西表島は生き物の宝庫。生き物好きにはたまらない場所ですよ~♪

えりぃ。
Translate »