BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【季節の動植物シリーズ】カテゴリーの記事

西表島初夏の花たち2021年5月18日

5月、西表島のジャングルを歩くと頻繁に甘い香りが漂ってくる。

この香りの出どころは、ヤシ科のコミノクロツグの花。

コミノクロツグの花

海ブドウのお化けのようないでたちのオレンジの花は、金木犀に似た良い香りを放ちます。

コミノクロツグの甘い香り

足元にはささやかな白い花、コウトウシュウカイドウが揺れています。

コウトウシュウカイドウ

この花の形、町の花屋で見たことあるわ、という方も多いのは、ポットで良く売られている「ベゴニア」の原種といわれているから。

ベゴニアよりも株の下の茎が長く、ここは齧ると目が覚めるほど酸っぱい味がします。

そしてこの季節、道路わきや庭先など、島のあちらこちらで目にするのが、月桃の花。

月桃の花

お茶になったり香料になったり化粧水になったり、食品に敷いて使ったりと、用途の多いこの植物、花も見ごたえがあります。

葉に包まれた花房が出てきたところ。

月桃の蕾

蕾の先の淡いピンクが桃まんじゅうを連想させる。

月桃の花

月に桃、という美しい名はこの花の姿から来たようです。

そして今西表島モンスーンの玄関先には、ピンクの花たちがワッサワッサと競うように開花中♪

アデニウム

大輪のハイビスカスと、ブーゲンビリア、そして砂漠のバラ「アデニウム」。

南国のピンクの花

ポストしたの小鉢も頑張っています。

ポストと花

玄関先に眩しいピンク、今日も元気が出ます♡

 

☆Aya☆

夕方カヤック2021年5月14日

少しいつもと違う時間に、マングローブカヤックをしてきました!!
この日の場所は、沖縄県で一番長い浦内川です。

さぁ、この日はサンセットが見られるかな?時間がまだ早かったのでまずは浦内川の第一支流、ウタラ川へ!!

昔の橋の下をくぐります。炭鉱時代に使われていた橋です。

西表島には多くの炭鉱があり、明治19年から昭和の戦後まで採掘されていたそうです。

少し炭鉱跡を歩いてみると、フトモモの花が咲いていましたよ。甘い香りがし、実は食べられます。

そろそろサンセットかな。ウタラ川から浦内川本流へ戻ります。

川沿いではシラサギが獲物を狙ってます。頑張れ〜

さて、サンセットは??ちょっと微妙かな。でも、これはこれで幻想的で綺麗だね♪

えりぃ。

パーフェクトゆつん!!2021年4月21日

4月に台風が来るのっ!?なんて思っていたら、進路は西表島からぐーんっと曲がってしまいましたね〜

2日程前にユツン滝トレッキングへ行ってきました! この日は風は強かったですが、空は青く水量も悪くなく、景色が最高でした。 滝上からの景色もホントに綺麗。海も青いです!

この日は滝の上に綺麗な蛾が多い!!

美しい蛾、サツマニシキ!!6、7匹が滝の上にいます。珍しい〜

こちらも綺麗な蛾。キオビエダシャク!

ミツバチもいます。

道中には私の大好きな花、サクラランも沢山咲いていましたー。

帰りにちょっと寄り道して、マヤロックへ!!

だんだん生き物や花が増えてきてジャングルがカラフルになってきましたよ〜

えりぃ。

ヤエヤマコンロンカ2021年4月10日

春休みの混雑も落ち着き、ジャングルにも春の花が咲き始めています。
写真は、花が星型のコンロンカ。大好きな花、お客様も「かわいぃ~!」と驚いてくださるので紹介するのも楽しい。

コンロンカ属というのはアジアやアフリカ、マダガスカルなどの熱帯や亜熱帯エリアに広く分布し、

その種類は200種類以上に上るそうです。

ここ西表島で見られるのは、このヤエヤマコンロンカ。

白い葉のような部分がこの植物の咢。これが広げたハンカチのようだということで、別名ハンカチの花とも呼ばれているようです。

コンロンカは漢字で書くと「崑崙花」。中国の架空の山崑崙山に積もる雪からきた名前だという説もあり、ちょっと神秘的。

涼しげなつる性の植物ですが、この花を見ると、「あ、もうすぐオンシーズンが始まるんだな…」と毎年思う。夏の足音を感じる花です。

ほかにも、甘い香りのクチナシが咲き、日本一小さいヒメホタルが乱舞するのも今月いっぱい。

https://iriomote-monsoon.com/course24 ←季節限定ホタルツアー開催中です♪

小さな生き物と植物から、西表島の春を感じる4月です。

 

☆Aya☆

 

聖紫花とセイシカ🐎2021年3月9日

今日の朝日は上等だぁー。良い事ありそうな1日のスタートです。

最近では、カヤックでピナイサーラの滝を目指して行くと、川辺りにある聖紫花が見頃になっています。

日本では石垣島と西表島にしかない花で、幻の花なんて呼ばれています。

自生のものは山間部の急斜面や渓流沿いに生えていることが多く、なかなか見られない花なので幻と呼ばれているのだとか・・・。

カヤックで行くと簡単に見られるのが嬉しいですね。

モンスーンのお嬢はこの花から名前をもらいました。一年中見られるセイシカです。

今日はカヤック日和でした。

えりぃ。

南米ざくら2020年12月16日

今年も私の大好きな花が咲きました!

トックリキワタです。

沖縄ではポピュラーな花ですが、在来種ではなく南米が原産地です。1964年に沖縄へやって来ました!

桜のようにキレイなピンクの花が咲くので『南米ざくら』とも呼ばれています。

幹は徳利(トックリ)のような形をしていて、1月頃から出来始める実には綿毛が詰まっています。その綿は救命胴衣にも使われていたとかいないとか・・・。

幹の形もですが、幹の大きなトゲも特徴的です。

どんよりした天気が続いていますが、トックリキワタを見ると明るい気分になりますね!!

えりぃ。

トレッキング日和2020年11月13日

だんだん涼しくなってきた西表島です。

そんな今の時季にピッタリのトレッキングツアーへ行ってきました!

片道約2時間!!西表のジャングルを歩き回ってユツン3段の滝を見に行きます。

スタートして直ぐの場所にある、通称モダマ池!水が澄んでて青い。キレイなので少し水に入ってから、再出発!!


このコースは大きな一枚岩や大きな丸い岩が点在する不思議な地形。歩くとどんどん景色が変わるので飽きません!
途中で上を見ると、シマサルナシの実が成っています。見た目はキウイフルーツ。大きさはキウイフルーツの4分の1くらいです。割ってみると、ちょっと潰れてしまいましたがキウイそっくりですね!味は・・・まさにキウイ🥝


ユツンの滝に到着〜♪少し水量は少ないですが、滝の下に行くと迫力は満点でした💮 帰り道に可哀相なカエルの卵を発見。最近、まとまった雨が降っていなかったので、ポットホールに産み落とされた卵が干上がりかけています。よく見るとオタマジャクシも居ます。助けてあげたいですが、自然に任せましょう。 帰りに寄り道して、マヤロックと呼ばれる滝にもお邪魔しましたー。

歩きやすい気温よかったです!

えりぃ。

生き物コレクション2020年10月4日

先日行ったサンガラの滝で出会った生き物達ご紹介!

サキシマカナヘビ。この日は、沢山のサキシマカナヘビに出会えました。

イシガケチョウ。

テナガエビ。

ハゼ。

山の中なのにヤドカリ。ちょっと写真がわかりづらいかな···。

コナカハグロトンボ。

いかがでしたか?これは一部です。ツアー中はもっと沢山の種類に出会えますよー!

えりぃ。

今日の出会い2020年9月12日


ピナイサーラの滝へ行く途中、えんぴつよりも細く小さなヘビに出会いました。頭としっぽだけを土の壁に入れて寝ているようです(-_-)zzz

サキシママダラの赤ちゃんかな。

これは、滝でよく出会えるコナカハグロトンボ。

滝に癒やされ、お客さんも大満足でしたー!!

えりぃ。

アオミオカタニシ2020年8月29日

ツアー中に見かける生き物のご紹介!</p> 

今日はこの子!!アオミオカタニシです。

淡水に生息するタニシの仲間で、陸に生きる貝です。

殻が緑色をしてますが、実は殻の色は白色半透明。中身が緑色で、透けて見えている状態なんですよ〜

貝と同じで、殻口部にはちゃんと蓋がついています。

準絶滅危惧種として環境省レッドリストに掲載されている貴重な生き物です。

近くで見る機会があればぜひ観察してみてねー。

えりぃ。
Translate »