BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

【西表島ツアー】にタグ付けされている記事

ピナイサーラの滝1日コース2021年10月20日

今日のお客様はマツシタさん御夫婦とナガノさん御兄弟。

どちらも名コンビで楽しい!

気候も穏やかで過ごしやすいジャングルツアーとなりました♪

まずは巨木に挟まれて一枚パチリ。

 

こちらは滝の上!お二人がのぞき込んでいる先は、落差55mの断崖絶壁!

高所恐怖症のご夫婦はのぞき込むのは「無理無理!」でしたねw。

こちらは滝の上の更に上流。

まだまだ沢は続き、ジャングルは深く続きます。

この先は道という道もなく、苔と草と木々がどこまでも緑の景色を織りなす。

人が入り込まない奥地は、緑が濃くて神秘的。

歩いて歩いて、滝壺に到着です!

圧巻の55m!

なんか、修行感がすごいです↓

こ…こっちでも、修行感がすごいです‼

泳いで浴びて、滝つぼで遊んだら、また緑のジャングルをトレッキング。

なんだろう、今度はやたらセクシーですね ↓ ( *´艸`)笑

今日は道中この危険な毛虫君、「ヤマンギ」に二回も出会いました。

どこにいるかわかりますか?

木肌と似ていて見つけにくい。

知らずにつかんでしまうと、かなり痛いことになります。

触ると危険危険。

皆さん山歩きの際には、よく見てから枝をつかみましょう。

帰りのカヤックでは人懐こい鷺に出会いました。

冬は西表島に渡ってくる鷺が多いので、マングローブ林の緑に映える白が増えてきたのを見ると、冬の訪れを感じます。西表島でカヌー

明日からは少し北風が吹く予報です。

ぐっと気温が下がりそうですね。

 

☆Aya☆

ピナイサーラの滝とマングローブ林のビーチクリーン2021年10月15日

この日の午前中はカヌーとトレッキングでピナイサーラの滝半日コースへ。

おばあちゃんお母さんと一緒にご参加の朋君、カヌーがとても上手。そしてめっちゃいい笑顔♪ 

カヌーを降りてトレッキング。

立派な板根のサキシマスオウノ木。根っこがまるで船みたい。

着きました!沖縄県一の高低差を誇るピナイサーラの滝!

なんだか自然と手を合わせて拝んじゃいますよね…

いい水量!泳いで浴びて、爽快でした♪

ピナイサーラの滝半日ツアー

半日コースでもボリュームたっぷり楽しめました♪

さて、お客様を送り届けたその足で先ほどの川へ引き返し、

午後からはスタッフ全員で、いつもお世話になっているマングローブ林のごみ拾いです。

海から流れ着いた様々なゴミが、複雑なマングローブの根に絡みつきます。

こちらはゴン太な漁網。

絡みをほどききれずノコギリでロープを切断。

こちらはビニール袋が枝にグルグル巻きに。

あら、蜘蛛の巣?

いやいやこれはプラスチック。もとは何だったのかな…

1時間もしないうちに二人乗りカヤックは漂流ゴミでいっぱいに。

皆で陸まで運んだら、今度は仕分けです。

みるみるトン袋がいっぱいになっていきます。

今回は西表島カヌー組合総出でのマングローブ林クリーン作戦でした。

手分けして港に運びます。そして船でお隣の石垣島へ。

このトン袋1つのごみを処分するのに、袋代+運送賃+処分費で、約1万円ほどの費用がかかってしまいます。

浜にも打ち寄せられたプラスチックごみがまだまだたくさん。

西表島のビーチクリーン

拾いながら毎回、普段の自分の生活で出しているゴミについても、考えさせられます。

いつもお客様と一緒に楽しませてもらっている美しい大自然の景色。

守るも壊すも、普段の自分たちの生活の仕方次第…

まずは自分から…

それが一番難しい。でも、生活の中でできることはたくさんある。

プラスチックごみをなるべく出さない生活を、今一度買い物から考えます。

☆Aya☆

ピナイサーラの滝半日コース2021年8月18日

8月も半ば、いや~、夏ですね~!

滝つぼに浮かぶのが最高に気持ちいい季節。

ずっとこうして浮かんでいたい!

滝に浮かんで見上げる、沖縄県一の落差55mの滝。

ピナイサーラ、とは、西表島の方言で、長いひげのような、という意味を持ちます。

さぁ、滝つぼに飛び込んでもう一回クールダウンだっ!

こっちでは滝修行。

お兄さんの顔が、修行感たっぷりで素敵です( ゚Д゚)!

もう一度真下から眺めちゃうピナイサーラの滝。

迫力の滝。水の神様。

帰り道に苔生い茂るジャングルを歩き、

だぁれもいない川でのんびりカヤック。

マングローブのトンネルの下をくぐっていきましょう♪

穏やかな水面。

贅沢な時間がゆっくり過ぎていきます。

西表島のカヌー

のんびり大人の時間が流れます♪

☆Aya☆

一番人気のピナイサーラの滝1日コース2021年5月5日

ゴールデンウィークも後半に入り、一時期の混雑も落ち着いてきました。
少し空いてきたピナイサーラの滝の上で、皆でのーびのびでリラックスできるくらい。
本日子供の日だけれど、今日のお客様は大人大人大人大人。

滝の上は危険個所がいっぱい。

断崖絶壁の際で立ち上がるのは禁物。

這いつくばって滝つぼを見下ろす。「ウォー!高い~!」
恐怖の雄たけび上がっています。

しかし海まで見えて絶景!

滝の上の眺めのいいところでお昼ご飯を食べて、清流で涼んだら、

今度は滝つぼまでトレッキングだよ♪

滝つぼでやっと子の滝の全貌を拝めます!長い!

沖縄県一の行程さ55ⅿを誇るピナイサーラの滝。

映える岩場から降りるときの彼氏さんのさりげないサポートが素敵♪

あ、そこそこ。腰のツボ!

もうだいぶ暑い気候だから、もちろん滝つぼにも飛び込んで、ミニミニ滝修行も楽しんで♪

激しい水流に、もはやだれが浴びているのかわからない笑。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰もいないピナイサーラの滝壺。

iphoneの高角カメラ機能すごいな~。

炎天下の午前中を経て、帰りのカヤックではちょっと雲行き怪しくなってきました…

わ~!スコールだ~!

ちょうど身体暑くなってきていたから気持ちいいくらいね~。

スコールの歌を歌いながら雨の中陽気に漕いでる楽しいカップルさんたち。

西表島カヌー

全天候型で盛りだくさんのピナイサーラの滝1日コース。

今日も楽しかったな~♪

 

☆Aya☆

滝つぼに飛び込め飛び込めGW2021年5月4日

ご家族連れでにぎわう西表島のゴールデンウィークです。 もう暑い暑い暑い!カヌーで、トレッキングで汗をかきかきたどり着いた滝つぼで、そりゃみんな飛び込みます! 一番乗りは元気印の小学生!イェ~い!こりゃ腹うちザブンだね‼‼笑 滝つぼに飛び込む お父さんだってたまらずジャブンです!ヒョ~っ! こっちのお兄ちゃんだって負けずに大ジャンプだ!

ずっと怖がっていた最年少の妹ちゃんも、低いところからお父さんに向かってジャンプだ!気持ちいぃ~♪

そして滝つぼに浮かびながら滝を見上げる、至福の時♡

滝に一番近いところで兄弟そろって自撮り。仲良しね♪

兄弟で楽しむ写真

今日ご参加の2組のご家族様。皆が楽しそうで、ガイドも笑顔になっちゃいます。

行きでは2人乗りのカヌーだったけど、帰りは一人乗りに挑戦。

緊張の面持ちが初々しくていいなぁ♪

この後どんどん調子が上がって誰も追いつけない爆走独走を見せてくれた彼。

たった半日ですごい成長。とっても素敵でした。

西表島カヌーツアー

成長したり挑戦したり笑ったりリラックスしたり、西表島のジャングルで、家族の笑い声が響く、幸せなゴールデンウィークです♪ ☆Aya☆

天気がぁ〜2021年3月21日

今日は天気がコロッと変わりました。

昨日まではもう夏かな?なんて天気だったのに〜

これは、昨日まで。

マングローブの中は幻想的な風景が。

滝の上では鳩がのんびり昼寝。台湾から来たのかな?珍しくレース鳩がいます。 昨日までは色鮮やかだったのに、今日は・・・

なんだか白い!!

そして今日は雨が降って寒い〜 なんだか冬が戻って来たようですね。コタツが欲しいです。

でも、この雨のおかげで滝が大きくなりそうですねー。

えりぃ。

西表島のシュノーケルツアー2021年3月10日

最近は海のコンディションの良い日が続いています♪

この日のシュノーケルツアーも、穏やかな海で透明度抜群!

まだウエットスーツを着て泳がれる方が多いですが、この日は気温25度まで上がり、シュノーケルツアーご参加のお姉さんは自前のタッパーで快適にスイスイ♪

枝珊瑚たちもテーブルサンゴ達も所狭しとびっしり!贅沢な海の森です。

青い枝珊瑚に水色のスズメダイが群がる紺色の海。

西表島の海はブルーの種類が多いこと多いこと。

枝珊瑚の先っちょがちょっと淡い色なのがかわいい。

あ、海亀ものんびり泳いでる♪ 

人も魚も亀も、のんびりのんびり。

贅沢な海中散歩。

西表島のシュノーケル

西表島のシュノーケルツアー、好評開催中ですよ~♪

西表島アクティビティツアー | 西表島モンスーン (iriomote-monsoon.com)

 

☆Aya☆

ピナイサーラの滝ツアー2020年6月18日

水辺に黄色が映える、オオハマボウが咲き始めています。
今年はいつもより花が多いみたい。

今日は誰もいないピナイサーラの滝へ。

例年ならばこの季節もうピナイサーラの滝は人であふれ始めるのだけど、コロナの影響でがらんとしている。スタッフ連れだってフィールド調査に向かいます♪

カヤックでマングローブの赤ちゃんエリアに入り込んでみました。小さな苗木が水の中からすくっと立っているのが幻想的。

汽水域から真水のエリアへ。木のトンネルを抜けると今度はトレッキング。

塩水の混じらない真水エリアに入ると苔たちが元気で水辺の景色が一変します。

アカギの大木は相変わらずカッコいい。人が長く踏まなかったせいか、根の丸みが増えているようでした。

軽快に山道を歩いていると、サキシマハブの捕食シーンに遭遇!

くわえられているのは、しっぽが美しいイシガキトカゲ。

食物連鎖目の当たり!

サキシマハブとイシガキトカゲ

誰もいない滝つぼでは気兼ねなく何度も飛び込んだり、

大岩の上で寝転んで滝の音をバックにウトウトしてみたり…

普段人でごった返すシーズン中にはできないことを堪能♪ なんて贅沢。

水辺にはサガリバナも浮かんでいました。シーズンが始まります。

さがりばな

例年より遅いシーズンスタートとなる今年の西表島…

西表島モンスーンも、6月20日から営業を開始いたします。

この夏はどうなることやら…健康に気を付けて夏を乗り切りましょう~!

 

☆Aya☆

フィーリングがぴったり。西表のジャングルにて。2020年2月14日

いつもご贔屓にしていただいている穴山さんが野球仲間のタカさんを連れてご来島くださいました。
初来島のタカさんには、まずは定番のピナイサーラの滝がおすすめ♪ということで、
早速カヤックを漕いで出発です。

マングローブ林で、巨大なシレナシジミを見つけて貝殻をパス!
投げ渡す様が、さすが野球女子たち…男らしい♡
カヌーを降りたら約50分のトレッキングで滝の上に到着!
歩きはじめでは雨もぱらついていたというのに、滝上到着すると同時にこの日差し!
見る見るうちに眼下の海も青くなっていく。なんというタイミングの良さ。お二人、強運の持ち主ですね♪
そしていい顔で笑って下さる!

この滝上の絶壁感、写真では伝わりにくいかな…
すぐ左には落差55mのピナイサーラの滝の落ち口が。
はるか下にさっきまで漕いでいたヒナイ川の下流。
這いつくばって滝つぼを見下ろします。

滝上から、下って登ってのトレッキングの後到着の滝つぼも、すいていてのんびりできました。
さっきまであの滝の上にいたのね…

滝の正面には巨木が絞殺しの木に絞め始められているのを見られます。
タカさん無言で見上げます。圧巻の生命力。

滝から降りてくると沢の脇の苔が美しい。
そしてこのお二人はホントにいい顔で笑って下さる♪うれしくなっちゃう。

帰り道で干潟に寄り道。
カニを捕まえにダッシュ!野球女子たちの本気ダッシュには迫力がある。
カニってこんな目線で見ているのかしら…ちょっと怖いかも…笑

そして午後の西日の中カヤックを漕いでのんびり帰る。
誰もいない静かな川をポカポカの日差しの中浮かんでいる…これ、眠れますね。
西表島のカヌーツアー
気持ちの良い一日ツアーを気持ちの良い人たちと過ごせた幸運。
会ってすぐに気が合ってしまうということがちょくちょくありますが、私にとってこのお二人もまさにそれ。
普段の生活だけでは出会わなかったかもしれない人と、会った瞬間フィーリングがバチッと合っちゃう、なんてことがあり得るのも旅の醍醐味。
旅人を受け入れる側にもこんな楽しみがあるので嬉しいですね。
皆様にもバチバチっという出会いがたくさん訪れますように。
  ☆Aya☆

社員旅行と一人旅 in 西表島2020年1月28日

今日のお客様は社員旅行の元気女子6名様と、一人旅でいらっしゃった日野様。

みんなでピナイサーラの滝の半日コースに行ってまいりました。
日野様は70代でいらっしゃるそうですが、
石垣マラソンに出場した後、 西表島の大原港から上原まで約35㎞を自転車に乗っていらっしゃったという体力の持ち主!
パワフルマンのエピソードに元気女子たちも「すご~い!」の連発で感心しきり。

そして日野さん、女子たちに囲まれても違和感なしの素敵な笑顔!
「いや~、日野さんいい日ですね~♪」というと、「いや~、いい日だね~♡」と、なんともいい顔です♪

滝でトリック写真を撮るのも楽しい。「呑み込んじゃうぞ!」
ピナイサーラの滝
旅の出会いが楽しい一日でした。
ピナイサーラの滝のコースは一年中楽しめるコースですよ~♪
元気女子たちは午後にさらにバラス島シュノーケルに出かけました。
元気元気♪また遊びにいらしてくださいませ~♡
  ☆Aya☆  
Translate »