BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

休業のお知らせ。2020年3月31日

モンスーンからお知らせです。

この度コロナウィルスの影響を考慮し、4月1日より終息するまでの間、営業を自粛させていただきます。

西表島は病院が無く(診療所はあります)、コロナウィルスの疑いが出てもPCR検査すら出来ないのが現状です。

※近くの石垣島でも検査機関はございません。八重山地方の感染症病床数は3床。

この地域で万が一感染者が出た場合、取り返しのつかない事態になると考え、感染の拡大を防ぐ行動が必要と判断をさせていただきました。

すでにご予約いただいているお客様に関しては、キャンセル料はかかりませんので、旅行の中止や延期をご考慮いただきますようお願いいたします。

ご質問等がございましたら電話やメールにてお気軽にお問い合わせください。

一日も早くこの事態が終息し、皆様が安心して西表島に遊びに来られますように。

西表島モンスーン 0980-85-6019 コロナが終息したら、私の寝顔に会いに来てね。それまで皆様ステイホームでご自愛ください。 By セイシカ

連休の子供たち2020年2月23日

連休真ん中の今日はご家族連れのお客様も多く、ちびっ子たちの声が賑やかです。 まずはピナイサーラの滝の半日コースへ。 西表島カヌー 元気に一人乗りのカヤックを操るのは年長さんの双子君たち。力強い漕ぎでびっくりしました。 カヌーツアー トレッキングもすいすい。競うように登っていきます。 たどり着いた滝つぼでお昼ご飯。 ちゃっかりお姉さんたちの間に立って無言でポーズを決めるミチヨシ君…し…写真撮ってってことだな…笑 ハイチーズ! ちょっと大きな岩によじ登って滝の近くまで。これも力強く登ったね~。運動神経抜群。 今日は風が強くて滝の形が不思議でした。 ピナイサーラの滝 午後からは洞窟探検へ。 洞窟探検 ヘルメットとヘッドライトでこんな険しいところも歩きます。 探検家気分が盛り上がりましたね♪ ジャングル探検 洞窟の出口で神秘的な日差しのビームが見られてラッキー☆ 洞窟の出口 洞窟探検も無事に終えて宿に帰ると、別のお友達とも出会ってお夕飯を一緒に食べました。 ゆびはぶ 彼はユビハブというおもちゃを指にはめまくって…ちょっと妖怪っぽくなってましたね。笑 とんがりコーンを食べるときみたい。懐かしい♪ 朝から晩まで元気に遊びまくった子供たち。 西表島を楽しんでくれたようです♪

フィーリングがぴったり。西表のジャングルにて。2020年2月14日

いつもご贔屓にしていただいている穴山さんが野球仲間のタカさんを連れてご来島くださいました。
初来島のタカさんには、まずは定番のピナイサーラの滝がおすすめ♪ということで、
早速カヤックを漕いで出発です。

マングローブ林で、巨大なシレナシジミを見つけて貝殻をパス!
投げ渡す様が、さすが野球女子たち…男らしい♡
カヌーを降りたら約50分のトレッキングで滝の上に到着!
歩きはじめでは雨もぱらついていたというのに、滝上到着すると同時にこの日差し!
見る見るうちに眼下の海も青くなっていく。なんというタイミングの良さ。お二人、強運の持ち主ですね♪
そしていい顔で笑って下さる!

この滝上の絶壁感、写真では伝わりにくいかな…
すぐ左には落差55mのピナイサーラの滝の落ち口が。
はるか下にさっきまで漕いでいたヒナイ川の下流。
這いつくばって滝つぼを見下ろします。

滝上から、下って登ってのトレッキングの後到着の滝つぼも、すいていてのんびりできました。
さっきまであの滝の上にいたのね…

滝の正面には巨木が絞殺しの木に絞め始められているのを見られます。
タカさん無言で見上げます。圧巻の生命力。

滝から降りてくると沢の脇の苔が美しい。
そしてこのお二人はホントにいい顔で笑って下さる♪うれしくなっちゃう。

帰り道で干潟に寄り道。
カニを捕まえにダッシュ!野球女子たちの本気ダッシュには迫力がある。
カニってこんな目線で見ているのかしら…ちょっと怖いかも…笑

そして午後の西日の中カヤックを漕いでのんびり帰る。
誰もいない静かな川をポカポカの日差しの中浮かんでいる…これ、眠れますね。
西表島のカヌーツアー
気持ちの良い一日ツアーを気持ちの良い人たちと過ごせた幸運。
会ってすぐに気が合ってしまうということがちょくちょくありますが、私にとってこのお二人もまさにそれ。
普段の生活だけでは出会わなかったかもしれない人と、会った瞬間フィーリングがバチッと合っちゃう、なんてことがあり得るのも旅の醍醐味。
旅人を受け入れる側にもこんな楽しみがあるので嬉しいですね。
皆様にもバチバチっという出会いがたくさん訪れますように。
  ☆Aya☆

ヤエヤマスミレと滝つぼおにぎり2020年2月10日

今日のお客様は二人旅のお姉さんと、イトウファミリー様。 まずはカヤックを漕いで、 こんな道をトレッキング。今日の最年少、とってもしっかりした小学生の僕はカヤックも足取りもたくましくて素敵です。 そして着くのがこのピナイサーラの滝! 沖縄県一の落差55mを誇ります。 最近ぎっくり腰を発症してちょっと心配だったお父様も元気元気で岩にも登っちゃいました。 滝つぼではランチタイム。 モンスーン巨大特製おにぎりをほお張る。 皆様よい顔ありがとうございます♪ 程よい運動と滝のマイナスイオンも味付けに加わって、最高のお昼ごはんだ! みんなニコニコでおにぎりをほおばっている傍らに、 そっと咲いてるヤエヤマスミレ。 少しずつ冬の花から春の花へ。 ヤエヤマスミレ ゆっくりゆっくり春の足音。 ☆Aya☆

ハナサキガエルの卵2020年2月3日

冬のジャングル、西表島のポットホールの中では、 こんなに美しいカエルの卵を見つけることがあります。西表島のポットホールの中 ハナサキガエルの卵たち。 真珠のように白くて、透明な部分に陽が当たってキラキラ。 ポットホールが干上がってしまう前に無事にみんな孵りますように。 ハナサキガエルの卵 傍らにはサツマイナモリの群生が。 小さな花に鼻を近づけるとバニラのように甘い香り。 サツマイナモリ こちらは木から花ごと散り落ちてくるオオバエゴノキ。小さな花なのに百合のように強い香りを持ちます。 オオバエゴノキ 静かな冬のジャングルの中でひっそりと。 みつけるとうれしいホワイトビューティー達。   ☆Aya☆  
Translate »