BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

沢山カヤックを漕ぎたい方にナーラの滝ツアー2021年2月2日

本日は久しぶりにナーラの滝ツアーです♪

西表島の北西、白浜港から漕ぎ出し、仲良川を上っていきます。

漕ぎ進むこと片道2時間。

海から始まり、川幅の広い河口から徐々に川岸が近く迫ってきます。

曇天が、漕ぎ続けてあったまってくる体には心地の良い感じ。

途中少し小雨に出会ったのもちょうどよいクールダウン。

雨が止むと穏やかな水面が待っていました。

カヤックを降りて沢沿いをトレッキング。

鬱蒼としたジャングルと苔むした岩の間を行く。

見えてきたのは大きなナーラの滝。

ついにたどり着いた~‼‼‼

大迫力の水量。小雨も気にせず滝を観ながらお昼を食べて、帰り道もまたジャングルを楽しみます。

わぁ、ここの天然プール、夏なら泳いで遊びたいところです♪

道すがら、にょきにょき伸びるキノコや、

赤い新芽、

冬の花、サツマイナモリにも出会ったり。

ジャングルを楽しんで歩いた後、帰り道は向かい風と戦いながら漕いで、無事白浜港にゴールするころには達成感でいっぱい。

帰ってからお客様がしみじみ、「高い山もないのにどうしてこんなに絶え間なく大量の水が流れ続けられるのか?」と首をかしげる。

高い山はないが海岸線からすぐにジャングルが広がり勾配の激しい地形が続く西表島。

上空には雲がかかりやすく、雨の多い亜熱帯。

90%以上を原生林に覆われた島は、恵みの雨を蓄える力が強い。

大小40以上の川が流れ、名瀑を幾つも持つ水の島。

西表島ナーラの滝

豊かで厳しい自然に覆われた、水の島、

近寄りがたい怖さを感じたり、多くの生き物の命を抱える懐の広さを感じたり、

そんな、西表島です。

 

☆Aya☆

満月が海から昇るのを見られる宿2021年2月1日

先日は満月。

モンスーンの庭からは海から登る月が丸見え。

登ったばかりの月は赤く、水面に映る月明かりの道も赤い赤い。

月って明るいな~。携帯で撮ってもこんなに。シーサーも眺めていますね。

オーナーもみんなが月を眺めるのを撮ってくれました。

海に映るムーンロードに人影がぽっかり入って…なんか不思議な画。

オーラ出ちゃってる感じに映ってますね。w

満月が明るくて、皆でお月見の夜でした。

 

さて、これは何でしょう…。普段開けることのない水タンクです。

満月から一晩明けて水道から水が出ないというトラブル発生。

タンクに水を送り込むストッパーの故障でした…。

長年使っていると、そんなこともありますね…。

なんでも自力で治しちゃうオーナー、こちらもちゃちゃっと修理完了。

ついでに中に入って水タンクの掃除です。

普段見ることのないところだけど、長年使えば汚れもたまる。

ピッカピカに磨いて、今日から水がさらにおいしいぞ♪

水タンク騒動でちょっと疲れた午前中。

庭で風に揺れるハンモックが気持ちよさそう。

ちょっとお昼寝しようかな。

ハイビスカスとハンモックの宿

☆Aya☆

オーシャンビューの宿で馬とお散歩2021年1月30日

ここ数日穏やかな晴天が続き、モンスーンの庭からの眺めが抜群。

写真を撮りたくなる風景。

ご近所のリナちゃんが遊びに来てくれました♪

ミラーレスのカメラで海を撮ってる♪

 

こんなにお天気よかったら馬も運動したいよね…

馬のいる宿

ってことで近くの農道まで馬散歩。

リナちゃんもついてきてくれました♪

このあとリナちゃんも見事に馬を乗りこなしていました。

 

オーナーもモダマに乗って。

まだまだ何かにびっくりして人を振り落とす危険がある仔馬。

オーナーが慎重に乗っていきます。

別の日にもリナちゃん遊びに来てくれました♪

今度は乗らずに引馬でお散歩。

あ、食いしん坊のモダマに悪戦苦闘してる!

力自慢のモダマ、草食べたさに沿道にぐいぐい人を引っ張っていってしまう…。

あ、リナちゃんの写真を撮りたいのにぐいぐい割り込んできた!

モダマちゃんよ……おてんば…。

ペア交代でこんどはセイシカお嬢をお願いしてみました。よろしくね、セイシカ♡

あれっ!セイシカにもリナちゃんを道草に引きずり込んでる~!w

馬はホントに人をよく見ます。

リナちゃんが優しいのをすぐに察知して、道草させてと甘えているな…。

こら~!っとセイシカを連れ戻してなんとかお散歩再開。

リナちゃんうっすら汗かいていますね。w

馬のお散歩もなかなか重労働~。

馬とお散歩

モンスーンに帰ってきたらさらに海と空が青くてもうウットリ。

この色、誰かに伝えたい!

皆たまらずカメラを持ち出して撮影撮影。

遠くに石垣島もクッキリ見えています。

オーシャンビューの宿

贅沢なモンスーンからの眺め。

庭でのんびりしたり、馬でお散歩に行ったり。平和な毎日です。

リナちゃんまた遊びに来てね~♪

 

☆Aya☆

冬の晴れ間に2021年1月20日

北風で海が荒れやすい季節、雨が多い西表島の冬は「雨季」といってもいいような天候が続きます。

そんな中今日は久しぶりにいい朝日が上がりました。

この季節は玄関真正面の向こう岸の山から朝日が昇ってきます。

日の出が8時前だから、早起きしなくてものんびり朝日が見られるという贅沢。

しかも玄関から!ぴかーん♪

ネコと一緒に太陽だけを見つめる贅沢なひと時。

朝日の見える宿

さて、久しぶりのお日様は存分に活用しなくちゃ!ここぞとばかりにお布団を干しまくります。

やっぱりお日様の香りがするお布団って最高!

ちょっと目を離したすきに、庭のパパイヤがたわわに実っています。

一番高い木は風当たりも強く、連日の北風で葉っぱが吹き飛ばされてしまいました。

かわいそうに…

みはたっぷり熟しているので、プレハブの屋根に上って収穫です♪

長身なオーナーが屋根に上って背伸びしてやっと届くくらい。

熟してオレンジになった実は鳥がついばんでいます。

私たちは青い実を野菜としていただきます♪

お客様がいない季節、お仕事なくて寂しいけど、ゆっくりじっくりお料理する時間があると思うと贅沢。

先日はライスケーキなるものを作ってみました。

簡単なのにおいしくて華やかで楽しい!

大鉢茶わん蒸しも上出来♪

スタッフエリが作ってくれた生春巻きは、島の旬野菜パクチーが利いていて美味!

西表島の民宿の食事

賑やかなテーブルに口元が緩みます♡

ストーブでポップコーン

デザートはポップコーンかな♪

ポンポン破裂するポップコーンに興味津々の看板猫宇佐次。

 

収入はないけど時間はある…冬は日常をたっぷり楽しもう♡

 

☆Aya☆

看板猫の一日2021年1月16日

コロナ過&冬の閑散期、ってことで、めっきりお客様もいらっしゃらないので、看板猫もぐったり伸びている今日この頃。

でも気が向けばみんなの掃除に付き合ったり…

「俺も手伝うにゃ!」とやる気を出すも、

「こらじゃまだ!お前は邪魔次だな!」っと怒られたりして…。

やっぱ寝てるのが一番だにゃ…と、お気に入りの足の間に挟まってぬくぬく。

でも天気が良かったら外に出て、遊びに来た犬のラッキー君と戯れてみたりもする。

だいぶ慣れたね。唸り声も上げなくなったし。

かなり耳が後ろに反っちゃってるけどね…笑

かなり面白い顔になっちゃってるけどね…笑

そしてたまには畑仕事にも付き合うにゃ。

耕したての土の感触、嫌いじゃないよ。

最近の気に入りのトイレポイントは畑の隅っこのフカフカ砂。

一仕事終えて帰ってきたら、「なんだお前そのだらしない腹は~!」って、飼い主にもみくちゃにされたりして…

そんなこともへっちゃらなのにゃ。

最近は何故か人の顔にケツを押し付けてくる。

鎖骨のくぼみに乗ってくるとは、なんてマニアックな…

おしりはやめてほしいな…

あ、こっちでもケツを押し当ててる…

宿の看板猫

「なんでお前そこなんだよ!」と邪険にされてもどかない猫。

あっちいけ~、と言いながら、そんなに嫌そうじゃないオーナー。

看板猫宇左次の一日はこんな感じで更けていきます。

 

☆Aya☆

Translate »