BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

西表島のシュノーケルツアー2021年3月10日

最近は海のコンディションの良い日が続いています♪

この日のシュノーケルツアーも、穏やかな海で透明度抜群!

まだウエットスーツを着て泳がれる方が多いですが、この日は気温25度まで上がり、シュノーケルツアーご参加のお姉さんは自前のタッパーで快適にスイスイ♪

枝珊瑚たちもテーブルサンゴ達も所狭しとびっしり!贅沢な海の森です。

青い枝珊瑚に水色のスズメダイが群がる紺色の海。

西表島の海はブルーの種類が多いこと多いこと。

枝珊瑚の先っちょがちょっと淡い色なのがかわいい。

あ、海亀ものんびり泳いでる♪ 

人も魚も亀も、のんびりのんびり。

贅沢な海中散歩。

西表島のシュノーケル

西表島のシュノーケルツアー、好評開催中ですよ~♪

西表島アクティビティツアー | 西表島モンスーン (iriomote-monsoon.com)

 

☆Aya☆

聖紫花とセイシカ🐎2021年3月9日

今日の朝日は上等だぁー。良い事ありそうな1日のスタートです。

最近では、カヤックでピナイサーラの滝を目指して行くと、川辺りにある聖紫花が見頃になっています。

日本では石垣島と西表島にしかない花で、幻の花なんて呼ばれています。

自生のものは山間部の急斜面や渓流沿いに生えていることが多く、なかなか見られない花なので幻と呼ばれているのだとか・・・。

カヤックで行くと簡単に見られるのが嬉しいですね。

モンスーンのお嬢はこの花から名前をもらいました。一年中見られるセイシカです。

今日はカヤック日和でした。

えりぃ。

朝日の見える民宿2021年3月3日

7:15am まぶしくない真っ赤な太陽が昇ってきました。

向かいの山から出てきた途端に眩しくてビカ~ン!と光のビームが飛んでくることがほとんどなのに、最近はこんなに赤くてビームのないコロンとした太陽が

球みたいにコロンと出てきます。

なぜにこんなに赤くて眩しくないのかというと、いつもより太陽と私たちの間に塵や水蒸気が多いせいなのだとか。

波長の短い青や紫の光はこの塵などに反射しやすく、波長の長い赤い光だけが私たちの目まで届いているという状態。

そういえばそろそろ黄砂が飛んでくる季節だものね…。

太陽の登りたてと沈む瞬間が赤いのも、角度が浅いせいで、光が通り抜けなければならない空気の層が厚いから、

長い波長の赤い光だけが私たちの目まで届いているということなんですね。

朝ご飯を食べている途中のお客さんたちも、真っ赤な太陽にびっくりして庭に飛び出してきました。

朝から元気な大学生の皆さんです♪

そして昼間は良い天気。

庭のハンモックに片足かけてこちらを見つめている馬一頭。

な…なんでしょう…

乗りたいのかな…(-_-;)

無理よ、モダマちゃん、体重制限オーバーですよ…

諦めつかないようです…

やめときなさいモダマちゃん…

馬のいる宿

こちらでもじっと見つめてくる馬一頭…

西表島の乗馬

家政婦は見た、的な覗き方が、怖いよ…セイシカ…

 

馬たちものんびり過ごすモンスーンの庭。

皆様ものんびりしに来ませんか~♪

 

☆Aya☆

最高かよ。2021年2月24日

数日前ですが、2月とは思えないほど穏やかな天気の中でツアーが出来ました。

カヌーは風もなくのんびり。

滝の上からの景色も穏やかで青い。

滝壺ではわずかにかかる水しぶきが心地よい♪

何時間でも居られそうな癒やし空間でした☆

えりぃ。

2月22日は、にゃんにゃんにゃん。2021年2月22日

誰が言い出したのか2月22日は、にゃんにゃんにゃん ということで猫の日らしいです。

だから今日はモンスーン2代目看板猫の宇佐次の日。

猫の日だからとスタッフからマタタビ入りのおもちゃを貰いました。気に入ったようです。

貰うだけじゃないのが宇佐次の偉いとこ。

寒い日は豪華な襟巻きファーとして大活躍!!成人式でも活躍出来そうでしょ♪

一番幸せそうに見えるのは、マタタビを舐めているときでもファーになっているときでもなく寝ている時ですね。猫の日おめでとう㊗

えりぃ。
Translate »