BLOG西表島モンスーン ブログ

西表島モンスーン- BLOG -

ピナイサーラの滝1日コース2021年10月20日

今日のお客様はマツシタさん御夫婦とナガノさん御兄弟。

どちらも名コンビで楽しい!

気候も穏やかで過ごしやすいジャングルツアーとなりました♪

まずは巨木に挟まれて一枚パチリ。

 

こちらは滝の上!お二人がのぞき込んでいる先は、落差55mの断崖絶壁!

高所恐怖症のご夫婦はのぞき込むのは「無理無理!」でしたねw。

こちらは滝の上の更に上流。

まだまだ沢は続き、ジャングルは深く続きます。

この先は道という道もなく、苔と草と木々がどこまでも緑の景色を織りなす。

人が入り込まない奥地は、緑が濃くて神秘的。

歩いて歩いて、滝壺に到着です!

圧巻の55m!

なんか、修行感がすごいです↓

こ…こっちでも、修行感がすごいです‼

泳いで浴びて、滝つぼで遊んだら、また緑のジャングルをトレッキング。

なんだろう、今度はやたらセクシーですね ↓ ( *´艸`)笑

今日は道中この危険な毛虫君、「ヤマンギ」に二回も出会いました。

どこにいるかわかりますか?

木肌と似ていて見つけにくい。

知らずにつかんでしまうと、かなり痛いことになります。

触ると危険危険。

皆さん山歩きの際には、よく見てから枝をつかみましょう。

帰りのカヤックでは人懐こい鷺に出会いました。

冬は西表島に渡ってくる鷺が多いので、マングローブ林の緑に映える白が増えてきたのを見ると、冬の訪れを感じます。西表島でカヌー

明日からは少し北風が吹く予報です。

ぐっと気温が下がりそうですね。

 

☆Aya☆

のんびり過ごすならここ!!2021年10月18日

昨日は冬の様な天気だったのに、一転して今日は夏模様が戻って来ました。

今日はのんびり由布島へ〜!

由布島は亜熱帯植物園。西表島から水牛車で渡ります。

島に渡る前からいろんな亜熱帯植物が出迎えてくれます。

不思議な水牛のオブジェも出迎えてくれます。

もちろん水牛さんもお出迎え!!

優しそうな目が印象的なイケメンさん(ソウタ君10歳♂)です。

牛車に揺られて15分で由布島です。

西表島でガッツリとアウトドアを楽しむのもいいけど、のんびり水牛車に乗るのも悪くない!

えりぃ。

まだ咲いてる❀2021年10月17日

だんだん西表島も秋っぽい感じになってきました。

秋だというのに、まだサガリバナが元気に咲いていますよ!!

今年は台風が少なかったからなのか、まだ蕾もチラホラ!

夏の花がまだ見られるなんてちょっと得した気分になれますね♫

季節外れのサガリバナも綺麗ですよ〜☆

えりぃ。

ピナイサーラの滝とマングローブ林のビーチクリーン2021年10月15日

この日の午前中はカヌーとトレッキングでピナイサーラの滝半日コースへ。

おばあちゃんお母さんと一緒にご参加の朋君、カヌーがとても上手。そしてめっちゃいい笑顔♪ 

カヌーを降りてトレッキング。

立派な板根のサキシマスオウノ木。根っこがまるで船みたい。

着きました!沖縄県一の高低差を誇るピナイサーラの滝!

なんだか自然と手を合わせて拝んじゃいますよね…

いい水量!泳いで浴びて、爽快でした♪

ピナイサーラの滝半日ツアー

半日コースでもボリュームたっぷり楽しめました♪

さて、お客様を送り届けたその足で先ほどの川へ引き返し、

午後からはスタッフ全員で、いつもお世話になっているマングローブ林のごみ拾いです。

海から流れ着いた様々なゴミが、複雑なマングローブの根に絡みつきます。

こちらはゴン太な漁網。

絡みをほどききれずノコギリでロープを切断。

こちらはビニール袋が枝にグルグル巻きに。

あら、蜘蛛の巣?

いやいやこれはプラスチック。もとは何だったのかな…

1時間もしないうちに二人乗りカヤックは漂流ゴミでいっぱいに。

皆で陸まで運んだら、今度は仕分けです。

みるみるトン袋がいっぱいになっていきます。

今回は西表島カヌー組合総出でのマングローブ林クリーン作戦でした。

手分けして港に運びます。そして船でお隣の石垣島へ。

このトン袋1つのごみを処分するのに、袋代+運送賃+処分費で、約1万円ほどの費用がかかってしまいます。

浜にも打ち寄せられたプラスチックごみがまだまだたくさん。

西表島のビーチクリーン

拾いながら毎回、普段の自分の生活で出しているゴミについても、考えさせられます。

いつもお客様と一緒に楽しませてもらっている美しい大自然の景色。

守るも壊すも、普段の自分たちの生活の仕方次第…

まずは自分から…

それが一番難しい。でも、生活の中でできることはたくさんある。

プラスチックごみをなるべく出さない生活を、今一度買い物から考えます。

☆Aya☆

光の芸術2021年10月10日

台風が来るとか来ないとか・・・なんだか微妙な天気の西表島です。

先日行った洞窟ツアーで光の絶景に出会えました。


雲の切れ間から入る光を『天使のはしご』って呼ぶらしいけど、この光もそう呼んでいいのかな?

洞窟に差し込む光は天気や太陽、空気中の水分に左右され見え方が毎回違います。

この光が見られても短時間なことが多いですが、この日は誰かの日頃の行いが良かったのか、長い時間楽しむことが出来ました♪

最高な光の芸術でした!!

そういえば、芸術の秋ですね

えりぃ。

Translate »